« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

いつも通りの結果

昨日のダービーは結局BS観戦、それなりに健闘するも結局いつもどうりに敗れる。

富田の頭が決まっていればとか、トニーニョの決定的なミスが無ければとか最近はそんな事ばっかり考えて結局負けてしまう展開が多い気がする。やはりそういう所で決められないと勝てないし、上位進出なんて有り得ないのだろうと改めて痛感した。

選手にはいい内容も必要かと思うが、俺は結果も欲しいから次の広島に初勝利をプレゼントする事や剛平に完封させられたり、セットプレーでドカンとやられるのは絶対に避けて欲しい。お人よしチームになるなよ大宮。

| | コメント (0)

敵前逃亡?

ナビスコの磐田戦は、大悟温存しながらも中盤はボランチコンビが意地を見せて前半は完全に支配して1-0でリードするも、守備が相変わらず我慢できずに結局は逆転負け。数少ない決定機を物にする力には脱帽でした。多々あった決定機に決めないとこういう展開になる。いい教訓として今後に繋げてもらいたいものです。

でも俺が見たなかでは今年1番の出来ではなかったかと思います。(前半だけでは)これでマーカス、片岡もウカウカしてられないはずだし、その気持ちをダービーで見せて欲しいと思っています。

しかし、無理をしてナイターを観戦したせいか、風邪が家族一同良くならない。天気も良くないみたいだし、チケットも有るのだが、BS観戦を検討している。

| | コメント (0)

気分は晴れず・・・。

昨日の納得できない気分を晴らしに、秋葉に行きました。

しかし、横河武蔵野にスコアレスドロー。内容は前半は控えの中でも豪華なメンバー。ここからナビスコ磐田戦にどれだけ出れるのか?このままでは出た所で磐田にボコボコにされるのは間違いないと感じた。中盤で球が落ち着かないし、決定的なチャンスでも打たないFW陣。もう沢山だよ。あんまし選手同士も上手くいってない感じだし、すべてに中途半端な感じ。選手補強したって去年と同じサッカーしてたらお客さんだって増えないよ。今のサッカーだったら選手補強なんて必要無かったはず。しっかりブロック作って守ってその戦術をもっと成熟させればいいんだ。

なんて、言ってみたけど無駄な事、水曜日は気持ちの入った試合を望みますよ。

ストレスを溜めるには最高な1日でした。

| | コメント (0)

内野安打1本のために得た代償

昨日は会社の野球大会の2回戦、相手は毎回優勝争いをする強豪チーム。サッカーでいうなら天皇杯で高校生とJチームがやるかそれ以上の力差があった。

3回で12点差をつけられて敗色濃厚、俺は1点でも返そうと詰まったサードゴロを内野安打にしようと全力疾走で走る途中に左足裏腿がピクッと来た。セーフにはなったが、歩くのがやっとの状態でそのまま病院直行。

職場の先輩に迷惑かけましたとお詫びのメールを送ったら、何事にも一生懸命やる所がお前のいい所だよと返信が。

もう、若くない自分。一生懸命頑張ってもしょうがない歳か・・・。引退も考えなくては。なんとか仕事はできそうです。

| | コメント (0)

風邪には注意

ただいま、家は妻と子供が風邪をひいてます。自分まで倒れるわけにはいかないので頑張らなくては。

今日は本屋でサッカー雑誌を立ち読みする為に新しくできたクマザワ書店に行く、桜井の特集もあってマガジンの購入に揺れるが、とても買える気分にないので立ち読みにて済ませる。どうも負けた週のサッカー雑誌は買う気になれない。

と言いつつも最近試し読みをしている、エルグラッソは森田の評価欄を見たら出場無しなんて出てたぞ!確かに速報で記事にするのは大変かとは思うけどそういう所から頑張らないと・・・。

結局買ったのは、一般常識の本。少し眺めて見たが俺本当にヤバイかも!常識無さ過ぎて・・・。

| | コメント (0)

思うようにはいかない

昨日は職場の仲間の送別会が入り観戦は断念。今朝録画を見るも確かに完敗だった気がする。相手も研究してるし、簡単にはいかないか。やられるならとことんやられて修正してくれ!

競馬は土曜に続き、万馬券2本的中。中山の最終がハナ差で13万馬券が飛んでいったのには参ったが・・・。不調分のツケはまだ返しきってないので今後も精進したい。

中山9R  ④ ⑪ ⑫ ③  3連単43580円

阪神3R  ⑩ ⑫ ⑭ ⑯  3連複19960円

ラブ・バラード・コレクション〜P.S.抱きしめたい Music ラブ・バラード・コレクション〜P.S.抱きしめたい

アーティスト:稲垣潤一
販売元:テイチクエンタテインメント
発売日:2001/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

あきらめてはいけない事の大事さ

昨日は会社職場対抗の野球1回戦でした。心配された天気もなんとかもちこたえてくれた。相手はどんなチームかも分からないが最終回で7-1で負けてて、どう考えても厳しい状況。しかし、相手のエラー、ファアボール、ヒットと繰り返し2点返してさらに満塁でホームランが出れば同点になる状況。自分は2塁にいたが、さすがにホームランは無いけどヒットが出たらホームに突っ込んでやろうと考えていたら、ライト線に鋭いライナーが飛びライトオーバーでランニングホームラン!同点になるも時間規定の関係でこの回で同点ならジャンケンで勝敗が決められる事が決まっていたので、みんなジャンケンの練習を考えていたのだが、その後も流れが止まらずにデットボール→盗塁→タイムリーで簡単にサヨナラ勝ちに。

今まで野球をしてきてこんな試合は初めてかな。正直厳しいと考えていたのだが、簡単にはあきらめていけない事をこの試合が教えてくれた。今後の人生にもこの経験が生きるだろうと信じたい。

FIRST FINALE Music FIRST FINALE

アーティスト:オメガトライブ,杉山清貴
販売元:バップ
発売日:1994/06/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

今日は子供の誕生日でした。

大悟のスーパーゴールをみなさんが賞賛しまくっているので、記事にはしませんが、これで大宮旋風が起きる事を期待してしまいますね。とにかくこれからは勝ち点を積み上げて欲しいですね。

サテライトも皆さんのブログを拝見させて頂く感じだと完勝だった模様。競争激しいからサテライト組みも張り切るよな。○さんは90分出たようだが・・・。あまり評価は高くない模様。残念!

今日は子供が1歳になりました。ケーキを買ってありきたりのお祝い。明日から本格的に保育園通い、妻も復帰、戦争が始まるけど下を向かずに頑張ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐田に行ってきました。

磐田に行ってきました。

結果はともかく、出番に恵まれなかったメンバーは頑張ったと思います。

俺は西村が一番印象に残りました。ドリブル突破で服部に仕掛けてました。森田のアシストも良かったです。波戸との守備力の差があるかと思いますが、俺は頑張って欲しい。それがチーム力向上に繋がります。

○ちゃんは10分間でシュート2本。多少進化ありか?もう少し見てみたいが。次はサテライトかな?鴻巣行きたいが・・・。予定が入ってしまいました。残念!

P1010226_1P1010231P1010227P1010229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30分も走れなくなってた俺

今日は夜勤明けで天気も良かったので久しぶりに散歩がてらに自宅から新河岸駅までジョギングをした。どうせバテるのは分かっていたので超スローペースで折り返し地点を15分で通過してイーブンは無理も17分でまとめたかったのだが、足が棒になる(泣)結局は20分かかり、35分で何とか家にたどり着く。

なんとか、こんな自分を変えたいので継続をして行きたいと考えているのだが・・・。明日は歩くのもままならないまま磐田に行くのだろうな。

筋肉痛も忘れさせるくらいのサッカーを見せてくれたら最高だな。結構メンバーいじると思っているのだが。とにかくセットプレーで集中!してね。

オメガトライブ・ヒストリー: グッドバイ・オメガトライブ 1983-1991 Music オメガトライブ・ヒストリー: グッドバイ・オメガトライブ 1983-1991

アーティスト:杉山清貴 オメガトライブ,杉山清貴,オメガトライブ
販売元:バップ
発売日:1991/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラウ獲得決定

グラウ獲得が決定しました。7月末までの期限付き移籍らしい。とりあえず試合に使ってみてから、のこり半年考えるという事ですかね。

理屈ではない、点を取れるFWなら誰でもいい。頼むよ佐久間さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は入園式でした。

今日は子供の保育園の入園式でした。住宅ローンの為に妻には頑張ってもらわなければいけないので、0歳教育からスタートさせる事に。

今日開園のゆずり葉保育園にお世話になる。新築なだけに綺麗だし、床暖房完備!自分の家よりいいんじゃないのか?

すべてに初めての事ばかりなので、子供も俺も戸惑う事もあるだろうが、分からない場合は人に聞きながらでも乗り越えて行こう!

サクラも満開!大宮前線も満開と行きたいですね。俺は鹿島には行けなくなったけど、気持ちは鹿狩りをひたすら願っている。

P1010218_3P1010216_1P1010219_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »