« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

もしかすると今期ラスト観戦

ご無沙汰です。

10月から昨年に続き仕事の暖簾分けを担当する事になり、休暇は基本的に取れなくなり、土曜日は夜勤で休暇が取れないとなると・・・。今日の休暇で最後、今期ラスト観戦になるかもしれません。年パスどうすっかな。

俺がラスト観戦だから勝てよ!なんて声が聞こえてるわけ無いが今度こそ勝ちなさい!期待しないで駒場に向かいます。

| | コメント (0)

気持ちを見せてこい

広島戦です。結果はどうであれ、気持ちを見せてこい!

絶叫軍団、その他、広島行かれる皆さん、熱い応援お願いします。

仕事柄、携帯観戦はできませんが、期待しています。

| | コメント (0)

引きこもりサッカーの結末は?

甲府戦に行ってきました。仕事の都合で車軍団の集合に間に合わず、かいじに乗って石和温泉で合流して、豚キムチほうとうを食らい小瀬に向かいました。

試合前に2年前の森田クラブのお返しか分からないが、3人組のダンスユニットが2曲を熱唱していたが、追っかけの数は森田クラブの完勝か?

試合はゴール裏のサポーターが多数遠征したのにも関わらず、スコア以上の完敗。いつもスコア的に帳尻あわせてるから、スコアしか見てない人は惜しいなぁなんて思っているかもしれないけど、試合見ている人間はかなり末期症状だと感じているはず。今日の練習試合も横河に完敗したみたいだし、これはヤバイな。

・勝ちたい気持ちが感じられない。

・引きこもりサッカー

・プレスしない。できない。スタミナ切れ、挙句に逆切れ。

・俺は、2点目のバレーのゴールは八百長かと思った。日本でもこんなシーンが見られるとは思わなかったよ。背中がゾッとしたと同時に悲しかった。

・甲府のセンターバックのコンビになら、森田のポストは通用してた。スタメン起用の方が良かったかも。

・こんなサッカーをしてたら、リピーターは増えないし、お客様は減る一方だ。

・リピーターが付かないサッカーしてるのに、挨拶もろくにできないバカが揃ってたら会社は潰れるよ。あれだけゴール裏も人が増えてきているのに。

広島は仕事休めないから行けないけど、メンバーが入れ替わっても出たメンバーは気持ちを見せて欲しい。残留が目標じゃないはずでしょ。詐欺の罪をこれ以上積み重ねないでくださいよ。

 

                                        

| | コメント (0)

今週は多忙

今週は多忙の為に競馬関係お休みです。甲府戦には行きます。

| | コメント (0)

どうせ、くそったれさ。

埼玉ダービー行ってきました。どうせ、大宮サポの事をとことん否定されるのがイヤだったから正直足が重かった。試合前にはご丁寧にリスをゴミ箱に捨てるゲーフラや大宮の選手がファールすると、「大宮、大宮くそったれ!」と言いたい放題。集団心理は本当に何しでかすか分からないから怖い。もともとあの宗教じみた応援が嫌いなんだよなJリーグ始まってから。試合だってゴール裏の恐怖に怯えたのか完全に自陣に引きこもり得点の匂いが全くない。吉原が抜け出したシーンくらいか?本当に1発だけだから決めろと言うのは酷か。なんとか前半凌げば少しは面白くなるかな?なんて期待した瞬間に荒谷が途中のファインセーブをフイにしてしまう痛恨のミスをして先制点を献上する。

後半は攻めるしかないはずだが、選手交代はせずにバランスを崩さない程度(三浦理論?)に攻めにでるが、しっかり守られる、桜井、アリソン、橋本と勝負に出てあわやと思わせるシーンは作るも得点は取れない。桜井はアリソンを怒鳴りつけてるし、三浦も指示を守らないアリソンを怒鳴る。見ててかわいそうだ。いきなり獲得して結果を求めるならそれ相応の選手の理解やチーム戦術を理解させてから使えよ。交代前に慌てて説明したって分かんないって。少し他のチームと違って戦術も特殊なんだろうからさ。そんな感じで結局、点は取れずに後半ロスタイムに永井にやられ、天皇杯からのリベンジを果たせずに終わる。

去年、天皇杯で浦和に負けた時、三浦は「個人の能力で負けた」みたいな事を言ってた。その差を詰める為に、大量補強を2年分の人件費を使って行い、今年は「攻撃的なサッカーを見せたい」と言ってたはずだ。その結果がこの日の前半のサッカーだと言うなら、うちらは詐欺サッカーを見せられているのか?運よくこの順位にいるから責任は問われないとは思うけど、メンバー変われどサッカーは進化せず。監督も進化しないとね?それとも年内でバイバイか?それと波戸もバイバイキン。この試合の卓郎のクロスは波戸より良質だったよ。間違いなく。この日のサブでぶち切れて、緑の血が流れてるRモスさんの首を繋ぎ止めてあげてよ。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »