« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

暖簾分け終了

2回目の暖簾分けが終了しました。今回の弟子はサッカーがかなり上手いと評判の子である。彼を無事に育て上げる事で、低迷する我が職場のサッカー部の復活も懸かっていたのである。自分自身も2回目と言う事もあり精神的にも余裕があったし、弟子自身もスポーツマンであるし、2人の子持ちということもあり、背負う物もある為か頑張ってくれたので楽だった。

今回、恒例の弟子から師匠へのプレゼントはアディダス大好きを察してか、エナメルバックを頂いた。前回の弟子のゲロでバックをパーにされたのを知っていたらしい。大事に使わせてもらいます。これからはサッカー観戦に集中させてもらいますよ!

| | コメント (1)

別の意味で期待どうりだった大宮

みなさん、こんにちは。

本日は公休で運よく練習試合が組まれていたので、車を飛ばして埼スタにGO!

お客さんも結構来てた感じか、秋葉の時よりは少なかったと知り合いが言ってましたが。

試合は、自分の見たかった選手は見学と言う名のサブ、後半から出てくるのを期待していたが、出る気配は全く無し。様相はメイショウカンノ率いるベストメンバー湘南対サブ組大宮と言った感じか。

気になった点を書くと、大宮は声が出てない、聞こえない。湘南はバックスタンドにもしっかり聞こえるコーチング、特にジャーンは日本語完璧。ほとんどの選手を下の名前で呼んでた。ベンチからも勿論熱い男、菅野さんが選手を鼓舞し続ける。チームとしての気持ちを感じる。

次に、湘南の先発の左サイドは尾亦と将太だ。特別やられた印象は無いが懐かしい。

その他個人で気になった事は選手別でどうぞ。

荒谷・・・バックパスの処理をもたついて、アワや自殺点のシーンも。

平岡・・・キャプテン役だったようだが、声が小さい出ていない。前半ペナルティエリアで相手選手を倒したのは、審判次第ではPKもあった気が。

富田・・・今日は左サイド、いつもどうりか。俺はセンターバックがいいと思うのだが・・・。

アリソン・・・組織に組み込まれていない印象、孤立している。田中輝が懸命にコーチングしているが、なかなか上手くいかない様子。彼が走るとスタンドも賑やかになる。スーパーサブ的な存在で生きるか。

若林・・・なんとボランチで登場。中盤の制空権は握る事はできるが、さすがにまだ無理がある。少し躊躇した瞬間にカットされてカウンターの起点になることも。

小林慶・・・調整不足で出遅れてるようだが、いつもどうりにパスを受けても前を向かない、バックパスばっかり、今日の周りの出来で責めるのは可哀相か?

島田・・・前半のみだが、彼のあげたクロスは森田、若林にはしっかり合っていた。成長が伺える。何とか橋本との共存はできないものか。

吉原・・・積極的に動いて何とかアピールしようと遠めからでもシュートを放つも結果は出せず。後半、パス回しに終始するDFラインにライン上げろと苛立ちも見せていた。

森田・・・相変わらず見てて飽きない森田、ジャーンに対してはあまり苦手意識が無いのか互角に張り合い、股抜きまで決める。大事な所で足を滑らせてコケたり、意味不明な体制のスルーしたりとスタンドの失笑を誘う。三浦はそんな君を溺愛してたけど、ロバートさんはどう見てるのかな?ゴールを決めてナンボだよ!

川辺・・・後半から左のMFで登場、自分は初めて見るが積極的な姿勢が好印象だった。シュートを打たない選手が少ない中でガンガンとシュートを放つ。彼のファンが多いのもスタンドにいて気付く。

サブ組だったから、なんとも言えないけど相変わらず手詰まりで攻撃の形が見えないのは監督変わっても変わらなかった印象。期待してなかったけど、別の意味で変わらなかった大宮。今年も覚悟して観戦します!

      

| | コメント (0)

先日の飲み会

2月12日に先日取得したサービス介助士の研修で一緒だったメンバーと新宿で飲み会を開いた。メンバーは自分と同業種ながらも別の会社の人、映画会社関係、ホテル関係と様々だ。サービス業中心で平日勤務中心で休みもバラバラなので予想以上に日程が組めずに昨年のうちに開催予定もここまでずれ込んでしまう。

結構久し振りなので、顔忘れられてないかな?とか変な不安がよぎるも、いざ顔を合わすと、居心地の良い世界が甦る。2日間の研修だったけど、仕事にマンネリ感を感じまくっていた自分に刺激を与えてくれたのは、このメンバーに出会えたからと確信しているからだ。

自分の近況、会社の情報や裏話、自分のパートナーの話等‥話は尽きずに、3時間の飲み放題コースでは終わらずに、2次会でも延々と語り合って、終電を逃す始末・・。久し振りにタクシーで帰宅して2時到着。少し調子に乗りすぎた感もあるが、いい疲労感だった。また今週からいい仕事をしようと思った。

| | コメント (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »