« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

原点に戻れ。

先日行われた鹿島戦を見たくも無いが、昨日の休みにビデオ観戦する。逆転優勝を狙うチームの執念は降格に怯えるチームの気持ちを上回った。鹿島はとにかくスペースを作るために労を惜しまずに走る。見ていて素晴らしいと思ったし、大宮もこんなサッカーが出来ればいいのかななんて思ったりもするが、そんな理想を求めてる時間は無い。いよいよ迫った降格危機。佐久間采配は約束事が少し今のチーム状況にしては約束事が多い気がする感じがする。難しい事を複数求めるより、しっかり今までやって来た自分達のサッカーをするべきかと。しっかり4-4-2で壁を作り、攻撃はマルケスやジュニオールの個人技プラスサイドMFで点を取る。三浦サッカーの遺産だと言われるかもしれないが、そんな事は言ってられない。実際、新外国人FWはクビになったFWよりも明らかに能力はある感じがするので、もう少し勝ち点を拾えるのかなと。

今更、攻撃サッカーに変えたって、強いチームには敵わないのは分かったのだから・・・。

| | コメント (0)

波戸と共に駒場で沈む。

久し振りの観戦に胸躍らせて駒場に向かう。レプリカは数年前の4番の入った物を着てみた。波戸の神戸へのリベンジを期待して。
結果として、決めたレアンドロと外したレアンドロで勝敗が着いた感。神戸のレアンドロにはしっかりお礼参りをされてしまったし、波戸の意地どころか勝ち点プレゼンターに変身してしまうメイクミラクルを見せられてしまい、脱力感と共に倒れそうになる。
決められる展開が無かった訳ではないので、余計に悔やまれてならない。
次も、鹿島相手で暑い熊谷開催、全くポジティブな要素はないが、それを覆す程の気持ちと新外国人の有り余る能力発揮をあまり期待しない程度に録画中継を見たい。
残念ながら町内会祭りの幹事の為、行けないんです(泣)

| | コメント (1)

運命の後半戦スタート

いよいよ迎えた、運命の後半戦。自分は午前中にフットサル、その後に夜勤とハードスケジュールの為、日本平参戦はできず。昨日、帰宅してビデオ観戦。どうやら練習試合の時のマルケスはあまり本気では無かったようで(苦笑)それとチーム全体に閉塞感があったのかな?やはりロバートを解任しなきゃいけない状況だったのかと感じた。
まあ、所定の引き分けで掲示板にはいろんな意見が出てるようだが、この試合に限っては、引き分けで良しとしなければいけないかなと。上位を目指す清水に前半は互角以上の試合で後半は主導権を譲るもなんとか踏みとどまれた。佐久間監督初戦で健闘しながらも、負けて、自分達のやっている新しい挑戦が間違っているのでは?よりも、次も自分達のやり方で次は勝とうの方がいいのではないかと思う。
次は神戸だ。今回は行けそうなので、熱く行きたいと考えている。憎っくき松田を筆頭に前回無礼者リストに加わった近藤にはどうしてくれるか。波戸には今回は生きるか死ぬかの闘いだと思って臨んでもらいたい。今回のみ精一杯サポートする(予定)

| | コメント (0)

大丈夫ではなかったようで。(苦笑)

先日は練習試合を見て大丈夫?なんて記事を書いてみたけど、やっぱりこういう展開になってしまったか。練習試合の結果を新しいFWが取れなかったからだなんて言えば、俺が強化ならその監督は気に入らなくなると思うし、まあ仕方ないと取るしかないか。

まあ、自分でここ数年チームが伸び悩んだ責任を残留で果たす覚悟であるのならば、最後まで見届けようじゃねぇか。

どんな布陣で臨むのか、現実主義の試合を見せられるのは間違いないかなと・・・。

| | コメント (0)

このままで大丈夫?

今日は休日出勤のオファーを蹴って、秋葉へ行きました。

15時になっても下がらない気温、風が多少あるのが救いだが、見てるだけでも暑い。準備したペットボトルはすぐに無くなり、自販機で追加購入する始末。

選手も大変かとは思うが、試合内容はボールキープはするも点が取れる気は全く無し。時折ボールカットされて、アジエルと新外国人FWに崩されヒヤリとするシーンも。1点目は吉原の裏を取る動きを慶行が見逃さずに絶妙なパスで吉原は抜け出し、GKと1対1になりシュートは止められるも、弾かれたボールを自ら落ち着いて決める。2点目は後半逆転を許した直後に橋本が個人技で決めた点だと思う。

大宮の失点は2点とも、コーナーからの失点。相変わらずの失点パターンである。

今日の目的である、マルケスは全く戦術理解ができてない。守備はやったことが無いのかと思うくらい下手。どうやってプレスに行くのかも理解できていない。来たばかりだからしょうがないと言えるかもしれないが、そんなゆとりすら許されないはずだ。ボールを持てばある程度はキープは出来そうだが、皆さんは分かると思うが、大宮はFWの位置にいる選手までボールを運べない!だからマルケスはマサのポジションまで下がってボールを取りに来てるんだよ!点取り屋がここにいたらどのFWだって結果出すのは苦心するよ。ヘディングで競るシーンも接触プレーを避けている感じで本気で競ってないから、分からないし。皆さんも、期待する気持ちは良く分かりますが、過度の期待は身体に悪いですよ。

皆さん心配なレアンドロは再来日して右膝付近にゴムらしき物を付けて、ランニングしていました。

平野は即戦力の評価で取ったのなら、あれだけラインを崩すサイドバックならいらない。と、言っても今日の卓郎ではヤバイし、テルにチャンス与えた方がいいかも。とにかく声が出てる。先輩にも遠慮なくやってる姿に好感。右サイドを突破するシーンが多々あり。今日唯一の収穫。

本番まで、あと少しだけど、ヤバイ感じがアリアリ・・・。大丈夫かい?

| | コメント (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »