« 朝のヒットスタジオ | トップページ | 過信を取り払おう。 »

男になれなかった鹿島戦

鹿島戦は久し振りの家族での参戦である。

試合の経緯は、沢山あったチャンスを決められずに時間切れで引き分け。職場のサッカー好きには浦和戦鹿島戦ともに惜しいですねと常々言われる。まあ、俺がプレーしているわけではないのでデカい事は言えないのだが、チームの露出度等を考えると、フロントスタッフ、選手一同勝ちたかったと言うのが本音だったろう。勝てなくたって新聞、テレビはあれだけ賞賛してくれている。もし、勝っていたら…。この悔しさは本日のガンバ戦での結果で答えてくれる事を望んでいます。


気になったのは、入場したものの席が無くて通路で立見や階段で座っている人間が多数いたこと。数量とかしっかり管理できているのか?席つめはやっているのか?ボランティアも大変だと思うけど頑張って欲しい。まあ、リーダーになる奴らがロクな奴ではないのをみんな知っているから期待はしてないけど。


あと、波戸が今季初イエローを貰ったが、昨年に比べてエラい少なくて驚き!この日のカードも少し微妙な判定と感じだったので…。試合を自ら壊さない事も大事。昨年は何故かレッドカードも多くて…。試合が荒れてくると同時に作動する「波戸エキサイティングスイッチ」今年は見ないで済むことを望んでいます。

|

« 朝のヒットスタジオ | トップページ | 過信を取り払おう。 »

コメント

FC東京戦ではお疲れ様でした。
疲労のせいかどうもピリッとしない試合展開で、中休みといった感じでしょうか。
横浜・札幌戦を上手くしのいで、いい流れを維持してほしいですね。

投稿: kenjifootball | 2008年5月 5日 (月) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のヒットスタジオ | トップページ | 過信を取り払おう。 »